Dota2のプロに密着した映画「Free to Play」を視聴

free1 ゲーム関連情報
映画「Free to Play」より引用

こんにちは、AZ3です。

世界大会に挑戦するプロゲーマーに焦点を当てた、ドキュメンタリー映画「Free to Play」を視聴しました。

Free to Playは少し昔の作品で、無料で視聴できることを知りチェックしています。

FREE TO PLAYを見た率直な感想は、「今とそんなに変わらない」です。

当時のトッププロたちが、現代でもよくあるような悩みを抱え、それを解消するために世界大会に臨みます。

Free to Playとは

free2
映画「Free to Play」より引用

Free to Playは、2011年に開催されたDota2の世界大会に密着した映画です。

競技を追いかけるというよりは、参加するプロゲーマーたちに注目して物語が進みます。

Free to Play: The Movie Trailer (US)
Valveの公式YouTubeチャンネルより引用

Dota 2とは

Dota2は、Valve Corporationが開発したゲームです。

2つのチームが5対5に分かれ、敵本拠地の破壊を目指します。

Dota2といえば、やはり世界大会での高額な賞金が有名です。

2021年に行われた世界大会では、優勝したロシアのチームが20億円以上の賞金を手にしています。

Free to Playのあらすじ

2011年、Dota2の世界大会が、eスポーツ史上最高の賞金総額「160万ドル」で開催されることが決定しました。

とんでもない賞金額を目にして、世界中のプロゲーマーたちは優勝するために活動を始めます。

ですが多くのプロゲーマーが、競技生活に問題を抱える時代です。

高額な賞金を得ることで、自身が抱える問題を解決させようとするプレイヤーもたくさんいました。

映画内では、アメリカとシンガポール、ウクライナの3選手に焦点を当てて大会の裏側を探っていきます。

eスポーツの強豪「中国」が本命の大会で、3選手は目標に向かって挑戦を開始します。

Free to Playの主な登場人物

デンディ

free3
映画「Free to Play」より引用

デンディは、1989年12月30日生まれのウクライナ人プレイヤーです。

祖母にPCを買ってもらったことで、ゲームを始めました。

ゲームを始めた頃から天才的なプレイをしていて、高いスキルと判断力でチームを引っ張ります。

HYHY

free4
映画「Free to Play」より引用

HYHYは、1990年3月6日生まれのシンガポール人プレイヤーです。

大学に通いながら競技生活を続けるHYHYですが、学力の低下が著しく家族からは良く思われていません。

周囲を納得させるため、また昔の彼女に復縁を迫るため世界大会での優勝を目指します。

フィアー

free5
映画「Free to Play」より引用

フィアーは、1988年2月19日生まれのアメリカ人プレイヤーです。

フィアーはアメリカチーム……ではなく、多国籍なメンバーが在籍するチームのキャプテンです。

小さい頃から「ゲームで稼ぐ」のが夢でしたが、フィアーの母親はそのことを不安視してきました。

Free to Playを視聴するには?

Free to Playは、Netflixなどのさまざまな動画配信サービスで視聴できます。

ですがSteamで無料ダウンロードができるので、動画配信サービスを利用していない人でも、問題なく視聴できますよ。

まとめ

今回は、プロゲーマーたちが世界大会に挑戦するドキュメンタリー映画「Free to Play」を紹介しました。

私がFree to Playを視聴した感想は、「今とそんなに変わらない」です。

Free to Playは、Steamや動画配信サービスで無料視聴できます。

気になった人は、1度チェックしてみてくださいね。

コメント