ドラゴンレーンでの立ち回り方「マークスマン編」

marksman1 AOV攻略
アリーナ・オブ・ヴァラーの公式サイトより引用

こんにちは、AZ3です。

今回はマークスマンが序盤にドラゴンレーンで、どのように立ち回るのかを解説します。

ドラゴンレーンは、他のポジションとは違い2人で担当します。

同じくドラゴンレーンを担当するサポートと連携して、序盤の戦いに勝利しましょう。

マークスマンの役割

marksman2
アリーナ・オブ・ヴァラーの公式サイトより引用

ドラゴンレーンを担当するマークスマンに、求められる役割は主に2つです。

  • ドラゴンやタワーなどのオブジェクトを取る
  • 集団戦でダメージを出し続ける

アサシンやメイジなど、攻撃力が高いジョブは他にもあります。

ですがそれらはスキルを使ってしまうと、しばらくは高いダメージが出せません。

通常攻撃で高いダメージが出せるマークスマンは、オブジェクトを取る際や集団戦で重要な存在になります。

ドラゴンレーンを担当中に、マークスマンは次に紹介する2つの仕事をしなければなりません。

ドラゴンレーンでのマークスマンの立ち回り方

お金を稼ぐ

marksman3
装備がそろえば強い!

マークスマンは、装備をそろえるほどに攻撃力が高くなるジョブです。

そのため中盤以降に起こる集団戦のために、とにかくお金を稼がなければなりません。

大量のお金を稼ぐために、ミニオンのラストヒットを取り続けましょう。

ラストヒットとは、ミニオンやモンスターに止めを刺すことです。

敵ミニオンは放っておいても味方ミニオンが倒してくれるので、近くにいれば自然とお金が手に入ります。

ですが自分で止めを刺すと追加のお金がもらえるので、ラストヒットは非常に重要です。

marksman4
味方ミニオンには止めを刺させない

相手のマークスマンが初心者でない限り、向こうはラストヒットを狙って行動してきます。

こちらがラストヒットを全くとらない場合、レーン戦が終わるころには装備に大きな差がついてしまいます。

とにかく倒されない

marksman5

何度かマークスマンを使えばわかりますが、他の味方プレイヤーよりも敵に狙われませんか?

それは勘違いではなく、実際にほとんどの敵がマークスマンを倒そうと常に狙っています。

マークスマンが狙われる理由は以下の3点です。

  • タワーなどを破壊する重要な役割だから
  • 集団戦で脅威になるから
  • 防御力が低いので単純に倒しやすい

敵に狙われやすいからといって、倒されても良いわけではありません。

できる限り倒されず、またお金を稼ぎ続けることがドラゴンレーンを担当するマークスマンには求められます。

リーシュをすれば良いことが起きる……かも

マッチが始まり直接ドラゴンレーンに行くと、敵ミニオンが来るまで暇な時間がありますよね。

その暇な時間には、リーシュをするのがおすすめです。

リーシュとは、ジャングル担当者が最初に攻撃するゴーレムの撃破を手伝う行動です。

リーシュをやるだけでチーム全体が助かるだけでなく、ジャングル担当者に好印象を与えます(たぶん)。

marksman6
ちょっとだけ手伝う

リーシュを行う際、まずはジャングル担当者がマッチ開始後に赤と青、どちらのゴーレムに向かうのかを確認します。

ジャングル担当者がドラゴンレーン側に来るなら、そのままゴーレムの撃破を手伝いましょう。

逆にジャングル担当者がスレイヤーレーン側に向かったら、リーシュのことは忘れて自分の持ち場に向かってください。

marksman7
ジャングル担当者がどこに行くのか確認する

リーシュの注意点が1つあり、ゴーレムを倒しきるまで手伝ってはいけません。

あまり粘るとドラゴンレーンで倒すべき敵ミニオンが、味方のミニオンに倒されてしまいます。

わずかですが経験値とお金を捨てることになるので、リーシュをする場合はタイミングに気をつけましょう。

ジャングル担当は広範囲を動くポジションで、敵への奇襲やオブジェクトの管理などいろんな仕事をしています。

序盤から好印象を与えられると、ジャングル担当者がドラゴンレーンに参戦してくる機会が多くなる……かもしれません。

まとめ

今回はマークスマンが序盤にドラゴンレーンで、どのように立ち回るのかを解説しました。

マークスマンは、チームのダメージ源になる重要なポジションです。

マークスマンを使いドラゴンレーンを担当する場合は、次の2点を頑張りましょう。

  • お金を稼ぐ
  • 倒されない

マークスマンが倒されすぎて成長していないと、中盤以降の集団戦で敵を倒すことが難しくなってしまいます。

コメント