まるで海外映画!「Detroit: Become Human」を自宅で視聴

Detroit: Become Human1 ゲームレビュー
Detroit: Become Humanの公式サイトより引用

こんにちは、AZ3です。

先日、私と同じゲーマーの夫が「Detroit: Become Human」というゲームをプレイしました。

見ているだけで結構面白く、海外のドラマや映画を視聴しているようでした。

そこで今回は、「Detroit: Become Human」をネタバレなしでレビューしていきます。

面白いゲームを探している人は、ぜひチェックしてくださいね!

「Detroit: Become Human」とは?

Detroit: Become Human2
Amazonより引用

「Detroit: Become Human」は、フランスのゲーム会社「Quantic Dream」が制作しました。

発売は2018年5月なんですが、映像のクオリティが非常に高いため数年前のゲームだとは感じさせません。

ゲームのジャンルは「アクションアドベンチャー」です。

ですがアクション要素はそれほど強くなく、激しい動きなどは基本的に登場しません。

「普段RPGばかりプレイしているんだけど……。」

そんな人でも問題なく遊べるでしょう。

「Detroit: Become Human」の最大の特徴は、ゲームオーバーがない点です。

プレイヤーがどのような選択をしても、物語は進み続けます。

主人公が事故などで物語に登場しなくなる、なんてことも起こるんですよ。

「Detroit: Become Human」のあらすじ(ネタバレなし)

「Detroit: Become Human」は、2038年のアメリカ・デトロイトが舞台です。

科学技術が進歩したため、人間そっくりのアンドロイドがたくさん製造されるようになりました。

アンドロイドは、人間の代わりにたくさんの仕事を効率的に行えます。

便利な反面、アンドロイドに仕事を奪われる人が後を絶ちません。

多くの人々が、

「アンドロイドを世の中から消すべきだ!」

そんな考えを持つようになりました。

そんな中、3人の主人公(全員がアンドロイド)は別々の事件に巻き込まれます。

そして3人の行動は、やがてアメリカ全体を揺るがす大きな出来事に発展するのです。

『Detroit: Become Human』 ジャパン・ローンチトレーラー
PlayStation Japanの公式YouTubeチャンネルより引用

「Detroit: Become Human」に登場する3人の主人公

最後に「Detroit: Become Human」の主人公3人を、簡単に紹介していきます。

それぞれ性格がバラバラで、ですが3人とも非常に魅力的です。

コナー

Detroit: Become Human3
Amazonより引用

まずは「コナー」です。

警察を補佐するため「捜査官」として、製造したサイバーライフから派遣されます。

性格は、冷静というよりも少し冷酷です。

アンドロイド嫌いで有名な警察官「ハンク」と、ある事件の捜査を始めます。

苦労しながらも、捜査は順調に進むのですが……。

カーラ

Detroit: Become Human4
Amazonより引用

「カーラ」は、家事全般を得意とするアンドロイドです。

性格は穏やかで、子供の世話などにも対応できます。

事故で修理を受けていた「カーラ」は、以前の記憶がすべてありません。

購入者の「トッド」に連れられて自宅に戻るのですが、大きな問題を抱えた家でした。

そして「カーラ」が家に来てすぐに、あるトラブルが起こるのです。

マーカス

Detroit: Become Human5
Amazonより引用

「マーカス」も「カーラ」と同じ、家事手伝いが得意なアンドロイドです。

しっかりとした性格で、購入者の「カール」と幸せに暮らしています。

アンドロイド嫌いな人物が多く登場する今作ですが、「カール」は素晴らしい人格者です。

アンドロイドの「マーカス」を、まるで自分の子供のように大切にしています。

ですが「カール」の実際の息子「レオ」が、「マーカス」に対して嫌がらせをすることで問題が発生します。

ゲームの中で3人の主人公たちは、さまざまな選択をしなければなりません。

中には、究極の選択とも言える内容も……。

それぞれの選択が別の主人公にも影響を与えるので、本当に悩みますよ。

Detroit: Become Human6

いかがでしたか?

「そんなゲームがあったんだ。」

「面白そう!」

そんな風に感じてもらえたのなら嬉しいです。

「Detroit: Become Human」は、Amazonなどの評価も高い人気のタイトルです。

PSストアのセール対象になっていることも多いので、機会を見てプレイしてみては?

まとめ

今回は「Detroit: Become Human」を、ネタバレなしでレビューしました。

2018年の作品ですが、映像のクオリティが非常に高いため数年前のゲームだとは感じさせません。

「Detroit: Become Human」は、2038年のアメリカ・デトロイトが舞台です。

アンドロイドの主人公3人が、それぞれ別の事件に巻き込まれます。

主人公たちがどんな選択をしてもゲームオーバーにならない、少し変わった作品です。

「Detroit: Become Human」は、まるで海外のドラマや映画を見ているような感覚になるゲームでした。

今回の記事を見て気になった人は、ぜひ1度遊んでみてくださいね!

コメント